先日あるテレビ番組でガンの特集をしているのを見ました。

そこで、ガンを克服した芸能人の方何人かに

初期症状はありましたか」という質問をしていたのですが。

 

子宮がんを克服したという原千晶さんが、こんなようなことをおっしゃっていました。

「足首とか手首が氷のように冷たくなって、触るとものすごく痛かったんですが

後で聞いたらそこって子宮のツボなんですね」

(細かい部分は違うかもしれませんが、大体このようなことでした)

 

そうです。

足首と手首の辺りは、リフレクソロジーでは骨盤周りの反射区になります。

ここには子宮と卵巣(男性では前立腺と精巣)も含まれます。

 

実際に施術をしていても、子宮や卵巣にトラブルのある方は

この辺りに痛みを感じる方が多いです。

施術する側も、慣れてくると触った瞬間に「!?」となるほどの

違和感を感じたりもします。

 

それはどんな感覚か?言葉にするのは少し難しいのですが。

冷たく、硬く、そこに生命力を感じない、、そんな感覚です。

(これは足に限らず身体も同じ)

 

そんな方への施術の仕方もありますし、

ご自宅でのセルフケアをお伝えして継続して頂くことも有効です。

 

リフレで病気が治りますとは言えませんが、

毎月生理痛の薬を飲んでいたのが要らなくなった。。などはよくあることです。

 

薬を常用することで起こってくるトラブルもありますので、

リフレクソロジーのような代替治療が効くならそれに越したことはないですね。

 

ちなみに「足つぼ」という言葉がよく使われますが、

東洋医学でいう「つぼ」とリフレクソロジーの「反射区」とは

まったく別の考え方になります(^_^)

 

講座には、このようなリフレクソロジー理論も含まれます。

 

リフレクソロジー講座

足のマッサージを受ける女性