骨盤のお話の続きです。。

前回➡骨盤が後傾するとブスになる

 

前回はボディラインについてのお話だったのですが、

今回は内面からのお話になります。

 

 

まず骨盤は、前傾している時に閉じ、後傾してる時に開きます。

そして骨盤は、常に開いたり閉じたりを繰り返しています。

開いているのがダメな訳ではなく、閉まっていれば良い訳でもない。

しなやかに開閉(前傾と後傾)できる、

ニュートラルな状態を保つことが必要なのです。

 

骨盤は、様々なリズムで微妙な開閉を繰り返します。

 

ですが骨盤周りの筋肉が緊張しているなど状態が悪く、

前傾や後傾したまま固まってしまっていると、

この開閉がうまくいきません。

 

骨盤は自律神経と連動して開閉しているので、

この開閉がうまくいかないと自律神経のバランスの崩れにも繋がります。

 

更に自律神経と女性ホルモンは脳の同じ場所でコントロールされているので、

どちらかが崩れるともう一方も崩れます。

 

そのため骨盤の状態が悪い方は、

自律神経や婦人科系のトラブルをお持ちの方も多い。。という事に繋がります。

 

 

骨盤講座では、

筋肉・骨格の調整だけではなくこのような知識も学んで頂き、

お客様に適切なアドバイスを行えるようになって頂きたいと思っています。

 

骨盤調整講座

UKRRAwAC6aWb6ChAxvCOf4I3yqKHR+DB518qv8ES2dgwMrxmFXK7jVmz4iZszdUI