くびれについての最終回は 「くびれて見えない人」についてです。

姿勢が良く、肋骨と骨盤の間に充分なスペースがあるとしても

くびれて見えづらい方もいます。

 

それは。。

骨盤の横幅が狭い方です。

単純な、目の錯覚の話ですね。

 

459-113463-HA_3

 

ウエストがくびれていたとしても、その下にある骨盤との差が少なければ

そのくびれは際立ちません。

 

 

前回も登場?した飯島直子さんは 「肋骨と骨盤の間が狭い」だけでなく

この「骨盤の横幅が狭い」というのにも当てはまるような気がします。

 

naoko17

脚長い!!

 

 

対照的なのは、壇蜜さんでしょうか。

8097adaa-8551-47d9-be7f-ea5d3947c25d

 

決して脚が長いとか腰の位置が高いという印象はないのですが、

その分だけ胴が長いですね。

そして骨盤の横幅も広いので、なだらかなくびれが現れます。

 

a67d91e0fa

 

 

 

元々の骨格の差はそれぞれあれど、まずは姿勢を正す。

何よりこれが大切だと思います。

他のすべてのことがそうであるように。

 

正しい姿勢でいると身体と心の機能も正常に働き、

周りにも若々しく健康的な印象を与えます。

 

 

ウエストのくびれを作る

それでもくびれない方もいます