若い頃の美しさというは、

正直言って「持って生まれたもの」が大きいですよね。

 

可愛い子と、そうでもない子。

かっこいい人と、そうではない人。

 

でもその神と親から与えられた恵みも、歳を重ねるにつれ徐々に効力を失います。

 

「きっと昔は可愛かったんだろうね」

「よく見たらイケメンなんだけど。。」

 

そう、誰にでも平等に月日は流れ、老いは必ず訪れ、

重力や紫外線や日々の疲れがそれに追い打ちをかけます。

 

いつまでも美しく!なんて、形状的には?不可能です。

 

 

ただその代わり。。

持って生まれた美しさとは反比例するように

今度は「後天的な美しさ」が幅を利かせ始めます。

 

どんな風に生きてきたのか?

何を選んで生きてきたのか?

 

何を見て、何を聴き、何を食べ、何に触れてきたのか。

何を考え、何を学び、どんな言葉を口にしてきたのか。

どんな風に誰かと向き合い、どんな風に自分を扱ってきたのか。

 

ある程度の年齢になると、

それまでのそんな生き方が「持って生まれた美しさ」を凌駕するような気がします。

 

 

特に何がどうって訳じゃないけど、何だか素敵♥

そんな風に目には見えない魅力…

後天的な美しさは人を輝かせ、人に感動すら与えます。

しかもこれには神も親も関係なく、

自分の意思と選択によって手に入れる事ができる。

 

ただの古い家具になるのか、

それともその傷で物語を語る味わい深いアンティークの家具になるのか。

乗り潰されたポンコツ車になるのか、

その年月に思いを馳せ夢見る事のできるクラシックカーになるのか。

すべて自分次第だと思うと、歳を重ねることにも抵抗がなくなりますね(^-^)

 

ある種の美しさは確かに衰えるけれど、ある種の美しさは必ず生み出せる。

だから、身体も心も。。自分を大切にしましょう♥

 

 

永遠に美しく(1992年)

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

メリル・ストリープ主演のブラック・コメディーですが、

20歳の頃(ものすごい昔!)に観て、笑いながらもゾッとしました。

 

 

永遠の美しさと若さに執着するあまり、

醜く滑稽に不幸な一生を歩む女たちのお話。。

若さにしろお金にしろ何にしろ、執着って人を醜くしますね。

いつも潔くいたいものです。

 

 

325948_615

【プラダを着た悪魔】のメリル・ストリープ、すごく素敵でした。。